読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自力旅 旅のお供はカメラとGPS

ランニング、登山、自転車、街歩きなど、「自力」で楽しむアクティブな旅。国内&海外の「自力旅」を写真とGPSで記録していきます。

香港の山道を行く - 香港トレイル50kmの旅(3)

トレイルランニング 香港トレイルの旅 香港 アジア

香港トレイルの旅。前日、道を間違うというアクシデントのため中断。気を取り直して、続きの第5ステージから再開します。

第5ステージは、"山岳ステージ"。素晴らしい景色を眺めながら、山道を進んでいきました。

 

前日の"ショック"を振り払い、再びやってきた香港トレイル。道を間違えた場所である『黃泥涌峽』から再スタートです。

 

関連エントリー:

香港の自然を満喫する!香港トレイル50kmの旅 - 自力旅 旅のお供はカメラとGPS

 

第5ステージ(Wong Nai Chung Road→Mount Parker Road)

しばらくは車道が片側一車線ある『大潭水塘道』を行きます。けっこうな登り。

1kmも行かないところにでかでかと『港島径』と書かれた看板があり、そこをくぐって木々の中へと入っていきます。

 


大きな地図で見る

 

第5ステージのスタート地点『黃泥涌峽』のところにも、こういう大きな看板があれば、迷わなかったのに・・・と思いながら森の中へ。

森の中の小道に入ってからもひたすら登ります。
そして、スタート地点の『黃泥涌峽』から25分、標高にして230mほど登ったところで、頂上に到達。

何か建ってます。

 

 

よく見ると『三角測量站』と書かれています。
あぁ、三角点か!!
日本のものと比べるとやけにでかいです。

 

そして、頂上からの眺めは、、

 

 

いい眺めです!
香港島って緑が多いんだな、って改めて感じる瞬間。

では、反対側の眺めは、、、

 

 

おぉ、山のすぐ下に大都会! その先にヴィクトリア・ハーバーをはさんで九龍半島のビル群。
山と大都会。とってもユニークな風景です。

そして、頂上からの下りの道が、すばらしい眺めでした。

 



 

標高で100mほどの高さを下った後、もう一度100mほど登ります。

 

 

 

 

 

2つめのピークから坂を下りて行って、車道とぶつかったところが、第5ステージのゴール『柏架山道』でした。

 


第5ステージのゴールには『港島径』と書かれた柱がありました。

  

距離4.0kmの第5ステージは、1時間2分でゴール。

第5ステージは難易度が高めということでしたが、高低差は300mもないほどで、初心者でも楽しめるハイキングコースといった雰囲気でした。

 

第6ステージ(Mount Parker Road→Tai Tam Road)

第6ステージの前半は、車も通れるような舗装された道を行きます。
かなり急な下り坂なので、一気に駆け下りていきます。

 


大きな地図で見る

 

坂を下り終えたところに、『大潭水塘』という貯水池が広がっていました。

 


大潭水塘(Tai Tam Reservoir)

 

ここが第6ステージの唯一と言っていい見どころです(^_^;) 

大潭水塘のあとは、舗装路をしばらく走った後は、第3ステージのような木々の中を行く道。
大潭水塘からはほぼ平坦で、走りやすさという点では走りやすい道ですが、素晴らしい景色の連続だった第5ステージと比べてしまうと、単調であまり面白くない道です。

そういうわけで、第6ステージは、ささっと通り抜けてきました。
4.5kmの道のりを33分で。前半下りだったとはいえ、けっこうなペースで走破しました。

 

続いての第7ステージは、海沿いの眺めのいいコースでした。これは次回に。