読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自力旅 旅のお供はカメラとGPS

ランニング、登山、自転車、街歩きなど、「自力」で楽しむアクティブな旅。国内&海外の「自力旅」を写真とGPSで記録していきます。

山口県湯田温泉に宿泊。湯田温泉発祥の地の宿『湯別当 野原』が1泊朝食付きで6500円でした

宿泊施設 山口県 中国地方

山口県の名湯、湯田温泉
秋吉台を散策した後にやってきました。
この日はここで一泊。

泊まったのは、『湯別当野原』という宿。
創業はなんと室町時代で、湯田温泉最古の温泉宿として営業してきたそうです。
こんな歴史ある宿に、1泊朝食付きで6500円で泊まることができました。

 

関連エントリー:

 

湯田温泉

山口県山口市にある温泉です。
中国地方を代表する温泉地の1つです。

 

一番の特徴は豊富な湯量、1日になんと2,000トンもの天然温泉が湧き出ているのです。

出典:山口県山口市の温泉|湯田温泉旅館協同組合【公式】

湯田温泉の特徴は、豊富な湯量。
余るほど温泉が湧き出ているのか、温泉街には6か所も無料で入れる足湯があります。 
宿の温泉も源泉かけ流しのところが多いです。

山口県山口市の温泉|湯田温泉旅館協同組合【公式】山口県山口市の温泉|湯田温泉旅館協同組合【公式】

 

 

秋吉台へ来て、近くにこんなにいい温泉があるなら、泊まらない手はありません(^^)v

どこの宿で泊ろうかと、価格の安い方から調べていたら、『湯別当野原』という宿が目に留まりました。

創業500年を超える宿が1泊朝食付きで6500円(平日)なんて!
この宿に泊まることに決めました。

 

と宿を決めた翌日、鈴木こあらさん(id:suzukidesu23)のブログ『いい湯だね!温泉・旅行Hack 別館』で湯田温泉の宿『ホテルかめ福』が紹介されました…
この宿もお得で良さそう!
宿を決める前にこのエントリーを読んでいたらこちらの宿にしていたかもです(^_^;)

 

湯別当野原に宿泊

湯別当野原にやってきました。
入り口から趣のある雰囲気。
案内された部屋もノスタルジーを感じるものでした。

http://www.yubettou-nohara.net/img/room_center_003.jpg

出典:お部屋のご案内 | 山口県湯田温泉 湯別当野原【公式HP】

部屋の写真を撮ってくるのを忘れたので、公式HPの写真を引用させていただきました

今回宿泊した建物は、昭和20年代に建てられたものだそうです。
築60年以上も経つんですね(*^-^*)

悪く言えば「古い」なんですけど、古くささは感じませんでした。
「歴史ある宿」っていう言葉が、古さも魅力に変えてしまうのかもしれませんね!

 

温泉もこじんまりとしたものでしたが、いい雰囲気でした。

http://www.yubettou-nohara.net/img/spa_center_002.jpg

出典:温泉のご案内 | 山口県湯田温泉 湯別当野原【公式HP】

泉質については私は良くわからないんですが、なんだかいい湯だった気がします(*^-^*)

 

まとめ

なんでこんなに歴史ある宿がこんなに安い値段で泊まれるんだろうと思いました。
たしかに設備は古かったですが、苦にならないどころか、むしろ歴史を感じることができて良かったです。