読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自力旅 旅のお供はカメラとGPS

ランニング、登山、自転車、街歩きなど、「自力」で楽しむアクティブな旅。国内&海外の「自力旅」を写真とGPSで記録していきます。

「ポン・デュ・ガール」への行き方とバスの時刻表の調べ方

 

前回のブログで、ポン・デュ・ガールについての記事を書きました。

ポン・デュ・ガールは行きにくい場所にあるので、ここでまとめてみました。

 

ポン・デュ・ガールへはバスでアクセス

ポン・デュ・ガールへは列車で行くことができないので、バスを使ってアクセスすることになります。 

バスはニーム、アビニヨン、アルルの街から出ています。

ニームの街からはB21のバス(所要時間約45分)、アヴィニョンまたはアルルの街からはA15のバスアヴィニョンから約50分、アルルから約1時間)に乗車。Rond Point Pont du Gard というバス停で下車。

2014年7月現在の情報です

 

バス停からポン・デュ・ガールへは案内に従って徒歩で向かいます。 

 

バスを降りたら、Pont du Gard の案内に従って歩きます

 

☆ Edgard社のバスの時刻表の確認方法(2014年7月現在)

Edgard - Toutes les lignesへアクセス。

 

f:id:tabi_light:20140720130750j:plain
乗りたいバスの番号を選択。ポン・デュ・ガールへは、ニームからは"B21"、アヴィニョンおよびアルルからは"A15"をクリック。

 

f:id:tabi_light:20140720130243j:plain
方面、日付、時間を選択し"OK"

 

f:id:tabi_light:20140720130808j:plain
時刻表が表示されます

 

ポン・デュ・ガールへの拠点となる街「ニーム」と「アヴィニョン

ポン・デュ・ガールへのバスが出ているニームアヴィニョンは、歴史的建築物が多く、街歩きをしていて楽しい街です。

私がポン・デュ・ガールを訪れたときは、ニームの駅に荷物を預け、ポン・デュ・ガールを往復。その後、アヴィニョンに移動し、宿泊しました。

ニームポン・デュ・ガールアヴィニョンと移動できたら効率は良いのですが、大きな荷物を持ってポン・デュ・ガールへ行くのは大変そうだったので、こういうルートにしました。

 

-ローマ時代の遺構が残る街「ニーム

ポン・デュ・ガールへのバスの出発まで時間があったので、ニームの街を少し街歩きしました。

ニームは、ローマ時代の遺構がたくさん残っており、素敵な街でした!

 

円形闘技場

 

メゾンカレ

 

ニームへはパリのリヨン駅からTGVで約3時間で行くことができます。

 

-14世紀にローマから一時的に教皇庁が移された街「アヴィニョン

アヴィニョンでは、ポン・デュ・ガールを訪れた日に宿泊しました。

この街も見どころが多かったです。

 

アヴィニョン教皇庁宮殿

 

カトリック教会の教皇庁はローマのバチカンにありますが、14世紀に一時的にアヴィニョンに移されました。

そのときの教皇庁の宮殿など、アヴィニョンにも歴史的な建物がたくさん残っています。

 

サン・ベネゼ橋

 

サン・ベネゼ橋は「アヴィニョンの橋の上で」という世界中に知れ渡っている歌で有名な橋。

この橋は、12世紀に造られましたが、度重なる洪水のため現在残っているのは一部だけです。

 

アヴィニョンへはパリのリヨン駅からTGVで約2時間40分で行くことができます。