読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自力旅 旅のお供はカメラとGPS

ランニング、登山、自転車、街歩きなど、「自力」で楽しむアクティブな旅。国内&海外の「自力旅」を写真とGPSで記録していきます。

席が斜めに配置されたバス、ウィラー・コクーンに乗ってみた。感想は「夜行バスにしては快適な乗り心地」

移動手段

タイトルで話は完結していますが…(^_^;)

先日、前から気になっていた高速バスWILLER EXPRESSのコクーンに乗ってみました。
乗車区間は横浜から名古屋まで。
夜12時に横浜を出て、翌朝7時に名古屋に着くスケジュールでした。

感想はタイトルでも書いた通り、夜行バスにしては快適でした。
これまで、夜行バスに乗ると、乗る時よりも降りるときの方が消耗しているのが普通でした(-_-;)
それに対し、今回のWILLERのコクーンでは、乗る時よりは降りる時の方が体力が回復していました。
「ぐっすり眠れた!」とまではいきませんでしたが、十分休むことができました。

 

WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)

WILLER EXPRESS(ウィラー・エクスプレス)は、WILLER ALLIANCE系列のバス事業者(通称:WILLER GROUP)によって運行されている高速バスの愛称である。

出典:WILLER EXPRESS - Wikipedia

東京から東北、北陸、東海、関西への路線や大阪から西へ向かう路線など、幅広い路線網を有している高速バスグループです。
長距離は夜行が基本ですが、短~中距離では昼間に走る路線もあります。

ウィラーと言えば、少し前までは格安バスのイメージが強かったですが、最近ではプレミアム戦略にも力を入れているように感じます。

とはいえ、最近でも1km=1円などの強烈なキャンペーンを実施したりしています。
この格安料金は人気のようで予約は困難そうですけど…(^_^;)

[広告]
高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL

 

斜めにシートが配置されたCOCOON(コクーン)

ウィラーのバスは、公式ページにあるように料金に応じた様々のシートが用意されています。

シート紹介(シートラインナップ)|高速バス/夜行バス予約|WILLER TRAVELシート紹介(シートラインナップ)|高速バス/夜行バス予約|WILLER TRAVEL

女性客を意識しているようで、カラフルなかわいらしいシートが多いですね。

 

このシート紹介の中で、一番初めに紹介されているのがCOCOON(コクーン)です。
座席が斜めに配置されている斬新な高速バスです。

http://travel.willer.co.jp/seat/cocoon/img/cocoon02.png

出典:コクーン - シートタイプのご案内 |高速バス/夜行バス予約|WILLER TRAVEL

座席を斜めに配置し、座席間にはパーティションを設置することにより、プライベートな空間が作り出されています。
ちなみに英語cocoonの意味は繭(まゆ)。繭の中に入ったようなプライベート空間という意味で名づけたのでしょうね。

[広告]
WILLER TRAVEL

このコクーンタイプのバスは、2014年現在、新宿・川崎-京都・大阪間およびTDL・新宿・横浜-名古屋間の路線に導入されています。

このシート、なかなか人気なようで、東京-大阪の便では1か月先まで満席の日がほとんど。
東京-名古屋便でも、週末(特に、名古屋発東京行きは金曜発、東京発名古屋行きは日曜発)は数週間先まで埋まっています。

値段は、普通の夜行バスに比べるとちょっと高め。
例えばこの先1か月での最安値を調べると、東京-大阪は8,200円、東京-名古屋では7,700円となっています。
東京-大阪間は割安感がありますが(その代わり予約が取りにくいですが…)、東京-名古屋間では高速バスにしては高いなぁ、あと2500円ほど出せば新幹線に乗れるじゃないか、という値段です。

 

今回、横浜から名古屋まで、このコクーンに乗ってみました。
「安く移動したいから夜行バスを」というわけではなくて、ただ乗ってみたかったんです。
かなり前からどんな乗り心地なのかが気になっていたので…(>_<)

 

コクーンに乗車!

横浜の乗り場は、YCAT(横浜シティ・エア・ターミナル)。
横浜駅東口前の横浜そごうに隣接する建物の中にあります。

様々な行き先の夜行バスが10分に2便くらいのペースで、ここYCATから発着していました。
やはり夜行バスの需要は高いですね。。

出発の10分前になったところで、「ウィラー、名古屋行きのお客様、只今から受付を開始します」とのアナウンスがあり、乗客が集められた後、名前を確認されました。
その後、バスが到着すると、バスへ移動し、荷物を運転者さんに預け、乗車。

横浜からの乗車は3名のみ。
すでに、東京ディズニーランドおよび新宿からの客で車内はほぼ満席でした。

すでに眠っている人がほとんどだったので、静かに着席。
実際に座ってみた感想は以下の通りです。

座席の感想

プラス面

  • 他の客が全く気にならない。
  • コンセントがあるので、スマホが充電できるので助かる。
  • 座席が斜めになっていること(自分から見て斜めの方向に走っていること)は気にならない。

マイナス面

  • 思ったよりも狭い。
  • 思ったよりも座席が倒れない。

 

眠ろうと思ってから、30分くらいで眠りにつけたような気がします。
翌朝6時頃まで、5時間ちょっとの間、目が覚めることはほとんど無かったです。(1,2回目がさめたような気も…)
翌朝、下車したとき、ほとんど眠気を感じませんでした。体力が回復したなという感覚。
これまで夜行バスではやられる(乗った時よりも降りたときの方が疲れている)のが当たり前だったので、これは快適だったなと感じました。
「ぐっすり眠れた!」とまではいきませんでしたが、これは乗車時間が短かったせいかも。
乗車時間が7時間だったので、もうちょっと長く乗っていればもっと眠れたのにと思ったほどでした(^_^;)

座席は思ったより狭かったですが、私(男性、身長168cm)はそれほど気にならず、ふつうに眠れました。
もっと身長の高いor肩幅の広い男性だと窮屈に感じるかもしれませんね。

プライベート性が高い一方で、座席の幅がやや狭いという特徴から、女性にオススメの車両だなと感じました。
実際、乗客は8割~9割女性だった気がします(名古屋で下車した時の感覚)。
座席ごとに小さなミラーが付いているのも、女性にはありがたいでしょうね。

 

快眠は耳栓のおかげ? 

コクーンには難点があって、トイレが付いていないこと。
それに伴って、休憩の回数も多め(3回?4回?)。
休憩の度に起こされてしまいそうです。
対策として、今回は耳栓とアイマスクを持ち込みました。

gowell(ゴーウェル) みみせん おとなしくん オレンジ 329

gowell(ゴーウェル) みみせん おとなしくん オレンジ 329

 

快眠できたのも耳栓のおかげかもしれません。
バスの走行音も気になったので、耳栓は持っていって大正解だったと思います。

 

まとめ

今回、ウィラーのコクーンに乗って、夜行バスにしては快適に過ごすことができました。
ただ、東京-名古屋間なら移動手段の第一候補はやっぱり新幹線かなと。+2500円なら新幹線を選んでしまうと思います。1時間半くらいで着いちゃいますからね…
朝早くから予定があるなどで、前泊するくらいなら夜行バス!というような場合に、コクーンの利用価値が高くなるでしょう。
上述の通り、この名古屋便の東京側の起点は東京ディズニーランドです。
TDRに遊びに行く際には、直行できるし、夜遅くまで遊べるしで、とっても利用価値が高いなと感じました。
ま、みなさんそう感じているから、金曜夜の名古屋発と日曜夜の東京発は特に混んでいるのでしょうね(^_^;)

また、私はあまり夜行バスを利用していないので、現状では他の夜行バスとのシートの比較もできません。
ひょっとすると、今はどのバスも快適になってきているかもしれませんよね。
今回、満足度の高い体験ができたので、他の夜行バスにも乗ってみようかと思います。

 

バスに乗ってどこまでも 安くても楽しい旅のすすめ

バスに乗ってどこまでも 安くても楽しい旅のすすめ