読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自力旅 旅のお供はカメラとGPS

ランニング、登山、自転車、街歩きなど、「自力」で楽しむアクティブな旅。国内&海外の「自力旅」を写真とGPSで記録していきます。

地方のマラソン大会が好き。地方のマラソン大会の5つの魅力

f:id:tabi_light:20141002102530j:plain

日本でマラソン大会と聞いて真っ先に思いつくのが『東京マラソン』。
まだ、歴史は10年にも満たないですが*1、2月の一大イベントとして定着しつつあります。
すでに2015年の大会への参加受付は終わっており、先月末にはその抽選結果が発表されたようです。

そんなランナーの憧れ『東京マラソン』ですが、私は応募すらしませんでした。
理由は当選しそうな気が全くしないから(笑)
それに加えて、大都市のマラソン大会よりも地方のマラソン大会の方が好きだということもあります。

このエントリーでは、地方のマラソン大会の魅力について紹介したいと思います。

 

私が地方のマラソン大会に魅力を感じる点は下記の5つです。

 

大会が間近に迫っても参加申込ができる

都市部の大規模な大会への申し込みは、半年前には終わっているケースが多いです。
そのため、気付いたころには申込期間が終わっていたしていたなんてことはよくあります。

地方でもメジャーな大会(特にフルマラソンの大会)は半年前くらいに募集が終わってしまうことがありますが、中には1~2か月前でも参加申込ができる大会もあります。また、参加募集開始してから定員に達するまで時間があるため、出たい大会の申込開始日をうっかり忘れていて後から気づいてもまだ申込みできる可能性が高いです。

自分の思い通りにスケジュールが組めるっていうのはありがたいです。

 

ランナーが少ないので走りやすい

大規模なマラソン大会では、レースがスタートしても人が渋滞してなかなか走り出せません。
以前、湘南国際マラソンに参加したときは、レースが始ってから10分ほど経って、ようやくスタート地点から走り出せました。私はそれほど好タイムを狙って参加しているわけではないのですが、それでもこれはかなりのストレスでした。

一方で、地方の小規模の大会は、スタートの号砲とともに走り出せることが多いです。これが気持ちいいのです。
スタート後も、他のランナーと接触するということもまずないので、自分のペースで走ることができます。

 

自然の風景を見て癒されながら走れる

都市部の大会は、普段走れない車道のど真ん中を思う存分走れるという醍醐味があります。これはこれで魅力的。ただ、長い距離を走っていると単調な景色で飽きてしまうかなと思います。

地方の大会は、スタートとゴールは街中であっても、途中は田園地帯や山間部、海沿いを走るというコース設定が多いです。
移りゆく景色を楽しみながら走ることができます。
疲れがたまってきたころに絶景スポットが現れると、テンションが上がって元気が出る、そんなこともよくあります。 

 

f:id:tabi_light:20141002121634j:plain
私は海を見ながら走れるコースが好きです

 

地元の沿道の方々の声援が温かく感じられる

都市部の人が冷たいということではありません。

都市部のマラソン大会は片側2車線もあるような大きな道を走ることが多くなります。
一方で、地方のマラソン大会では、車1台がようやく通れるような道も走ることがあります。
道が狭いと、応援してくれる沿道の方の間近を走ることになります。沿道の方の声援がはっきりと耳に届くんです。これがとても励みになります。

また、参加者数が少ないので、特にレースの終盤は周りにランナーがいない状態で走ることも多くなります。沿道のみなさんは、見ず知らずの私一人に対して声を掛けてくれます。この声援がとっても温かく感じます。

 

レースの途中や後に地元の名物を楽しめる

地方の大会に参加すると、参加賞として地元の名物料理や名産品を味わうことができる場合が多いです。
例えば、今年の春に参加した『能登和倉万葉の里マラソン』では、レース後に焼き牡蠣を食べることができました!これがおいしかった!!

また、レース後だけではなく、レース中にも楽しみがあります。
給水ポイントで、地元で採れたフルーツや地元の料理を食べることができます。
例えば、静岡マラソンでは、途中イチゴ農園がたくさんある地区を走るのですが、その地区では、給水所のとなり給イチゴ所がありました♪

楽しみは食べ物だけでありません。温泉地でのマラソン大会では、走り終わった後に無料で温泉に入れることがあります。無料でなかったら、お金払ってでも温泉を満喫しますけど(笑)

 

f:id:tabi_light:20141002121310j:plain
『能登和倉万葉の里マラソン』後の焼き牡蠣。おいしかったです!

 

 

都市部の大規模なマラソンへの参加には、「でっかいイベントにしてきた!」という魅力があります。私も時々都市部のマラソン大会へ参加します。

でも、やっぱり私は地方の大会の方が好きです。

 

というわけで、昨日、来年3月に行われる『能登和倉万葉の里マラソン』へのエントリーを済ませました。今年もこの大会に参加したのですが、無念の途中リタイア(T^T)
なので、リベンジも兼ねて来年も参加することにしました。

能登和倉万葉の里マラソン2015/七尾市能登和倉万葉の里マラソン2015/七尾市

 

最近、あまり走ってないので今年の二の舞にならないかちょっと心配です。体重も着実に増えてきてるし(・_・;)
あと半年間で練習を積んでおきます。。

 

これからのシーズン、全国各地でマラソン大会が行われます。
遠くへ出かけて、お気に入りのマラソン大会を見つけるのもランニングの楽しみの1つです。

 

まんぷくローカルマラソン旅

まんぷくローカルマラソン旅

 
谷川真理が案内するご当地マラソン 人気コース48

谷川真理が案内するご当地マラソン 人気コース48

 

 

*1:前身の大会は含めず