読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自力旅 旅のお供はカメラとGPS

ランニング、登山、自転車、街歩きなど、「自力」で楽しむアクティブな旅。国内&海外の「自力旅」を写真とGPSで記録していきます。

海と牡蠣と温泉が魅力の『能登和倉万葉の里マラソン』。来年こそは完走を!

毎年3月に石川県和倉温泉で開かれる能登和倉万葉の里マラソン
先日のエントリー『地方のマラソン大会が好き。地方のマラソン大会の5つの魅力』のところでも少し触れましたが、今年の3月にこの大会に参加してきました。
ひざの痛みによって残念ながら完走はできませんでしたが、美しい海、おいしい牡蠣、歴史ある温泉を満喫することができました。

このエントリーでは、完走できなくても楽しめる(?)このマラソン大会について、紹介したいと思います。

 

関連エントリー:

 

2014年3月23日、『能登和倉万葉の里マラソン』に参加するため和倉温泉にやってきました。

 

 

このちょうど3週間前、私は静岡にいました。
そして、フルマラソンで膝を痛めました。

 

関連エントリー:

 

3週間安静にしたので普通に歩くくらいではなんともないのですが、走ったらまた痛くなるのかな、という爆弾を抱えた状態でした。

参加はやめようかと前日まで悩んでいましたが、せっかく石川まで来たんだし、とりあえずスタートラインには立ってみるかということになりました。
走れるところまで走って、無理そうだったらすぐにリタイアするつもりでした。

 

能登和倉万葉の里マラソンのコース

毎年3月中旬に石川県・和倉温泉で行われるマラソン大会。
フルマラソン、10km、親子ペアの部があります。

フルマラソンのコースは、和倉温泉から出発して、能登島大橋を渡り能登島に行き、能登島の南部を往復した後、七尾西湾を反時計回りに1周するように走り、和倉温泉に戻ってくるコースです。

f:id:tabi_light:20150524142700j:plain

出典:コース図/七尾市

大部分が海沿いの大変眺めのいいコースです。

f:id:tabi_light:20150524142730j:plain

出典:コース図/七尾市

比較的アップダウンは少ない方ではないでしょうか。

このマラソンの制限時間は7時間とゆったりめなので、マラソン初心者でも参加しやすい大会です。

 

レースは14.8km地点でリタイア

さて、レース当日。
この日は晴天。3週間前に静岡を走った時とはうって変わって、とてもいい陽気でした。

10時にレーススタート!

 

スタートして10分で、能登島大橋に差し掛かります。

この橋からの景色がとても素晴らしかったです!

 


大きな地図で見る

 

この橋からの景色を見たら、とても気持ちがよくなって、膝の不安なんてどこかへ行ってしまいました(笑)

このまま気分よく、9kmくらいまで順調に来ました。
ゴールまで行けてしまうんではないかというくらい順調に。
ですが、そうは行きませんでした。

9kmをすぎたあたりで、急に膝が痛み始めました。
その瞬間、今日は完走は無理だなと察しました。。。

実際、もう少し走ってみましたが、どんどんと痛みは増していきます。

11kmあたりからは、もう走れません。。
その場で止めてもよかったのですが、次の関門までは行ってそこで止めようと思い、歩みを進めていきました。

沿道のみなさんの声援、とてもありがたいのですが、完走をあきらめて歩いている身としては、その声援が申し訳なく感じました(^_^;)

歩きはじめて4kmほど行って、15km地点の関門にたどり着きました。

ここで、関門の制限時間まで待って、正式に"リタイア"となりました。

 

関門で制限時間に間に合わなかった人は、大会のバスが来てゴール地点まで運んでくれます。
そのバス、満員でしたw

やっぱりマラソンは過酷ですね。
体調と準備が万全でないと走り切れません。。

 

レース後の温泉と牡蠣!

和倉温泉にバスで戻ってきたあと、和倉温泉の総湯へ。

 



完走後の達成感とともに温泉に浸かる、という快感を味わうことはできませんでしたが、ふつうに気持ちが良かったです。
1641年からある由緒ある温泉ということで、いい湯に入ったなという気分になれました。
実際のところ、温泉の違いはよくわかんないですけど(・_・;)

 

総湯から出た後は、マラソン大会と同時に開かれている『牡蠣フェスティバル』の会場へ。

マラソンの参加者は、参加賞として牡蠣鍋、殻付牡蠣がもらえます!

 


牡蠣鍋!

 


体が温まります♪

 


焼き牡蠣!!自分で焼きます

 


牡蠣の焼き方の案内までありました

 

自分で焼いて食べる牡蠣は、美味しかった!!

牡蠣鍋&焼き牡蠣も完走後だったら、格別だったでしょうけど、仕方ないです・・・

 

牡蠣フェスティバルの会場の付近に七尾西湾が一望できる場所がありました。

 


本来なら、この湾の向こう側を走ってくるはずだったのかと思うと、ちょっと残念な気持ちになりました

 

今年は、晴天の下、大会が開かれましたが、3月の北陸が晴れることは珍しく、たいていは大会当日の天気は曇りか雨だそうです。
そう思うと、今年、走り切りたかったな、と思います。

 

来年も和倉温泉へ!

十分な準備もせず、フルマラソンの大会を3週間で2つも走るのは無謀でした(>_<)

エントリー『地方のマラソン大会が好き。地方のマラソン大会の5つの魅力』にも書きましたが、来年もこの大会に参加することに決めました。
来年は、この大会に向けて、しっかり練習を積んでおきたいと思います。

そして、完走した後の温泉と牡蠣を楽しみたいです!