読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自力旅 旅のお供はカメラとGPS

ランニング、登山、自転車、街歩きなど、「自力」で楽しむアクティブな旅。国内&海外の「自力旅」を写真とGPSで記録していきます。

アジアのベストハイキングコース『ドラゴンズ・バック』を行き、香港トレイルのゴールへ - 香港トレイル50kmの旅(4)

トレイルランニング ハイキング 香港トレイルの旅 香港 アジア

香港島にある50kmの香港トレイルを2日間で行く『香港トレイルの旅』(予定では1日で行く予定でしたが(^_^;))。この旅も終わりが近づいてきました。

残すは第7ステージと第8ステージ。

第7ステージは、これまでの山の中のコースとはうって変わって、海沿いのコースへ。

そして、最終第8ステージは、ドラゴンズ・バック(龍脊)という名の絶景ハイキングコース。
ここまでの疲れを吹っ飛ばしてくれる素晴らしい眺めが待っていました!

 

前のエントリー:

香港の山道を行く - 香港トレイル50kmの旅(3) - 自力旅 旅のお供はカメラとGPS

 

香港トレイル50kmの旅はいよいよ終盤へ!

 

第7ステージ(Tai Tam Road→To Tei Wan)

森の中の第6のステージから第7ステージに入って、大きく景色が変わりました。

第7ステージのスタート地点『大潭道』から2kmほど来ると、海が見えてきます。
大潭灣(Tai Tam Bay)という湾です。

 


大潭灣(Tai Tam Bay)

 

第7ステージは、大潭灣の東側をずっと南下するコースなのですが、コースのほとんどは道の海沿いに木が生えており、海は木々の間からしか見えません。
これが残念。

でも、ところどころに海が一望できる場所があり、海が見えた瞬間、テンションが上がります。

 


大潭灣にはたくさんのクルーザーが浮かんでいました。ここは香港のリゾート地なんでしょうかね

 


海沿いに建ち並ぶ建物もリゾート感にあふれています

 

"海が時々見える、海沿いの道"をずっと行き、第7ステージのゴール『土地灣』に到着しました。

距離7.5kmを1時間30分。基本的には走っていましたが、しばしば立ち止まって海を眺めていたので、けっこう時間がかかってしまいました(笑)

 

第8ステージ(To Tei Wan→Tai Long Wan)

いよいよ最終の第8ステージにやってきました。
そして、このステージはこれまでとは明らかに雰囲気が異なります。

人が多い!

第7ステージまでは、10分に1人すれ違うかどうかくらいの人しかいませんでした。しかし、この第8ステージでは、入口ですでにたくさんの人がいました。

実は、この第8ステージの一部は、ドラゴンズ・バック(龍脊)という人気のハイキングコースなのでした。
後から知ったのですが、このドラゴンズ・バックは、アメリカの歴史ある雑誌であるタイム誌の2004年のBest of Asiaという特集で Best Urban Hike に選ばれたそうです。アジアにある都市近郊のハイキングコースの中で一番オススメってことですね。

最後に、そんなすばらしいハイキングコースを持ってくるとは、香港トレイルもうまいこと設定されていますねw

 


さぁ、ドラゴンズ・バックへ!

 

ドラゴンズ・バックに入って、しばらくは木々の中の階段を登っていきます。

 

 

登り始めて、わずか4分。第7ステージのところどころで見えた大潭灣を上から眺めることのできる場所に出ました!

 


丘の上から大潭灣(Tai Tam Bay)

 


登ってきた道と大潭灣

 

ドラゴンズ・バックの入り口から15分ほど登ってくると、大潭灣が一望できるようになります。

 


良い眺め! 第7ステージで大潭灣をチラチラ見る必要は無かったよなと感じてしまいますw

 


さらに登ります

 

さらに5分ほど登ると、今度は大潭灣とは逆側の景色が一望できるようになります!

 


南シナ海!

 


青い海を見ながら歩く、とっても気もちいい!!

 

このあたりから、登りはゆるやかになり、ちょっとした"尾根歩き"を楽しめます。

さらに、20分ほど進んで、後ろを振り返ってみると・・・

 

 

このハイキングコースが"龍の背"と名付けられたのが伝わってくる、素晴らしい景色です!

このあたりでは、中島みゆきの『銀の龍の背に乗って』がのメロディーが頭の中でリフレインしていました♪

 

銀の龍の背に乗って

銀の龍の背に乗って

  • アーティスト: 中島みゆき,瀬尾一三
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックコミュニケーションズ
  • 発売日: 2003/07/23
  • メディア: CD
  • 購入: 3人 クリック: 16回
  • この商品を含むブログ (32件) を見る
 

 

ドラゴンズ・バックの絶景コースもスタートから2kmほど来ると終盤です。

 

 

このあたりから下りはじめ、ほどなく木に囲まれた世界へと戻ってしまいました。

残りは木々の中のほぼ平坦な道を4kmほど行きます。
この間は、特に見どころはありませんでしたが、ドラゴンズ・バッグの景色で満足感に浸っていたので、その勢いで駆け抜けることができました。

そして、ついに!香港トレイルのゴール『大浪灣』へ!!

 


香港トレイルに500mおきに置かれていた標識。これが100個目。500m × 100 で50km!

 


香港トレイルのゴール地点

 

第8ステージは、8.5kmの道のりを1時間43分で。
このうち景色に見とれる時間がかなりありました(^_^;)

 

香港トレイル50kmの旅を終えて・・・

これで、2日間のおよそ8時間に及んだ香港トレイル50kmの旅も終わりを迎えました。

50kmを踏破できたという喜びもありましたが、それよりも香港の自然の風景にたくさん出会えたことが何よりでした。
いい思い出がまた一つできました。

 

なかなか香港まで行って、50kmを走ろうor歩こうという人はいないでしょうが、最後の第8ステージだけでも行く価値は十分にあると思います。
第8ステージだけならゆっくり歩いても3時間くらいで歩き切ることができるでしょう。

第8ステージだけ行く場合、コースを逆に辿って、大浪灣から土地灣に向かった方がいいかもしれません。
第8ステージの大浪灣側は木々の中のコースであまり景色が良くないので。
ドラゴンズ・バックの絶景は後の方に取っておいた方がいいですよね(*^-^*)

 

 

関連エントリー:
 

 

香港アルプス ジオパークメジャートレイル全ガイド

香港アルプス ジオパークメジャートレイル全ガイド

  • 作者: 金子晴彦,森Q 三代子
  • 出版社/メーカー: アズ・ファクトリー
  • 発売日: 2010/06/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る