読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自力旅 旅のお供はカメラとGPS

ランニング、登山、自転車、街歩きなど、「自力」で楽しむアクティブな旅。国内&海外の「自力旅」を写真とGPSで記録していきます。

道を間違え、1日での走破は断念・・・ - 香港トレイル50kmの旅(2)

トレイルランニング 香港トレイルの旅 香港 アジア

香港トレイル50kmの旅。8個あるステージのうち、順調に第2ステージまで走り終えました。

続く第3ステージ、第4ステージは、日本の山奥にいるような風景の中を走ります。ここも順調に走り、50kmの中間点のあたりまでやってきたのですが、ここでハプニング発生! 道を間違えてしまいました。。。

 

前のエントリー:

眼下の高層ビル群を眺めたあとは香港の自然の中へ - 香港トレイル50kmの旅(1) - 自力旅 旅のお供はカメラとGPS

 

第3ステージ(Peel Rise→Wan Chai Gap)

第3ステージ、はじめしばらくは広めの舗装路を行った後、再び『森の中の小道』へと入っていきます。

 


大きな地図で見る

 

第3ステージは、ずっとこんな道が続いていきます。ちょっと退屈です(^_^;)

 


時々、水のある風景を見かけます。心がなごむ(*´Д`)

 


森の中をひたすら進みます

 

特に見どころがないまま、第3ステージのゴール『灣仔峽』に到着。

距離6.5kmの第3ステージはちょうど1時間で走破。疲れは溜まってきていますが、まだまだいけます! このまま50km行けちゃうのか!?

 

第4ステージ(Wan Chai Gap→Wong Nai Chung Road)

第4ステージも、しばらくは第3ステージと同様の森の中の道が続きますが、25分ほど進むと、視界が開けてきました。

道も舗装された広めの道に。
緩やかな上りを、時々立ち止まりながら走っていきます。

 


大きな地図で見る

 

木々の中もいいんですが、やはり目の前が開けていて景色を眺めながるところを走りたいです。

 


完全に"山の中"です

 

ゆるやかな長い坂を下っていくと、住宅街に入っていきます。

上の山の中の写真から10分も経たないうちに住宅街へ。逆にいうと、この住宅街に住んでいる人は、たった10分で山の中へ行けるわけです。街のすぐそばまで自然が広がっている、香港の 魅力の1つです。

 

坂を下りきった住宅街の中が第4ステージのゴール『黃泥涌峽』 。

第4ステージ7.5kmは1時間3分で走破。これで全8ステージ中、半分の4ステージを終えたことになります。

時刻は11:39。第1ステージを出発してからまだ4時間も経っていません。

体力的に消耗してきているものの時間には余裕がありそうだったので、迷わず第5ステージへと進むことにしました。

ところが、、、

 

道に迷って海沿いへ・・・

決断に迷いはなかったのですが、道に迷ってしまいました(-_-)

 

f:id:tabi_light:20140922111231j:plain
GPSで記録していると、 間違ったルートもはっきり後から確認できますw

 

第4ステージ修了地点の黃泥涌峽道という大きな道にぶつかったところで、"港島径 Hong Kong Trail"の案内が無く、どちらへ行ったらいいかわからなくなってしまいました。
近くに人もおらず、聞くこともできませんでした。。

「なんとなくこっちかなぁ」という方向に進んでいきましたが、いつになっても"港島径 Hong Kong Trail"の看板が見つからず、どんどんと不安になっていきます。しかし、明らかに間違えていると気づかない限り引き返すこともできません。

そのまま40分くらい進みました。

海沿いまで来てしまいました。

やっぱり道が違う・・・

 

f:id:tabi_light:20140922112347j:plain
間違えたルート。南方向へ 3km も歩いて来てしまいました

 

今から引き返す元気もありません。この日のうちに最終ステージのゴールに辿りつく時間的な余裕もなくなってしまいました。

テンションもすっかり下がり、もうこの日は続ける気力は湧いてきませんでした。

残りは明日にしよう。

バスに乗って、香港の中心へと戻ったのでした。

 

香港の中心地、中環(セントラル)に戻り、昼食。香港の料理にチャレンジする元気も無くなっており、入ったのは『吉野家』。

 

香港の吉野屋の牛丼
香港の吉野屋の牛丼。ドリンクがセットなのが日本とは違います

 

日本と同じ味でした。香港では普通に日本食が食べれるのだな、と改めて感じました。

この吉野家、すでに午後2時頃でしたが、たいへん繁盛していました。香港では人気店なのでしょうかね。

 

Yoshinoya-HK WebsiteYoshinoya-HK Website

 

香港トレイルの旅は、翌朝、第5ステージから気を取り直しての再スタートです。