読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自力旅 旅のお供はカメラとGPS

ランニング、登山、自転車、街歩きなど、「自力」で楽しむアクティブな旅。国内&海外の「自力旅」を写真とGPSで記録していきます。

眼下の高層ビル群を眺めたあとは香港の自然の中へ - 香港トレイル50kmの旅(1)

トレイルランニング 香港トレイルの旅 香港 アジア

ヴィクトリア・ピークは香港の美しい夜景が一望できることで有名な場所です。しかし、今回やってきたのは夜ではなく、朝。香港トレイルを走るためにやってきました。

香港トレイル50kmの旅は、眼下に大都会を眺めながらスタートします。

 

前のエントリー:

香港の自然を満喫する!香港トレイル50kmの旅 - 自力旅 旅のお供はカメラとGPS

 

2013年1月4日、朝7時50分。香港島のヴィクトリア・ピークにやってきました。

香港島の北西にあるヴィクトリア・ピークから南東の端に位置する大浪湾までつづく香港トレイル50km。この50kmの道中にはどんな景色が待っているのでしょうか。

いよいよ香港トレイル50kmの旅の始まりです。

 


ヴィクトリア・ピークにあるピークトラムの駅から出ると『港島径 Hong Kong Trail』の看板がありました。ここからスタート!

 

第1ステージ(The Peak→Pokfulam Reservoir)

第1ステージのはじまりは、眼下に高層ビル群の眺めながらのコースです。

 


中環(セントラル)~金鐘(アドミラルティ)の金融街

 


上環とヴィクトリア・ハーバー。素晴らしい眺めです

 

眼下に超高層ビル群を見ながら走るって、日本ではなかなかできない体験です。

この後、しばらくは舗装された道を行きます。

 


大きな地図で見る

 

スタートして30分ほどで、香港島の西側の景色が見えるところへやってきました。

 


香港島の西側の景色。マンションが建ち並んでいます

 

さらに進むと、薄扶林郊野公園という公園の中に入っていきます。木々の中の道を進みます。

 


大きな地図で見る

 

スタート後、50分。ここが香港?と思うような、森の中に入ってきました。

 


小川が流れています

 

しばらくして、第1ステージのゴール『薄扶林水塘道』に到着。

距離7.0kmの第1ステージを1:00で走破しました。順調なペースで来ています!

 

第2ステージ(Pokfulam Reservoir→Peel Rise)

第2ステージが始まり、しばらく車が通るような広めの舗装路を走った後、再び木々の中の小道へ入っていきます。

 


大きな地図で見る

 

第2ステージに入って、30分ほど走ったところで、突然目の前が開けました。

 


高層マンション群!

 


香港のマンションは背が高いですね!

 

香港島の南側にこんなにたくさんの高層マンションがあったとは!

ふつうの観光では訪れない場所ですよね。

 


海のすぐそばまで高層マンションがぎっしりと建ち並んでいます。きっとマンションの上層階からの眺めもいいんでしょうね! 家賃高そう・・・

 

長い階段を駆け下りて、再び木々の中へ。

 


日本の山奥にありそうな風景

 

この小川を渡ったところで、第2ステージのゴール『貝璐道』に到着!

第2ステージは4.5kmを0:46で走破。

「このまま行けば、ほんとに1日で50kmを走り切れるかも!?」と思っていましたが、そううまくはいかないのでした。。次回へ続きます。