読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自力旅 旅のお供はカメラとGPS

ランニング、登山、自転車、街歩きなど、「自力」で楽しむアクティブな旅。国内&海外の「自力旅」を写真とGPSで記録していきます。

きつい坂を登って絶景の待つ渋峠へ - 渋峠サイクリング(1)

DSC01449

先週の土曜日、自転車仲間に誘われて、長野県と群馬県の県境にある渋峠をサイクリングしてきました。

かなりしんどい行程になると聞いたので、参加を迷いましたが、絶景が見られると聞いて行くことに決めました。

この時のサイクリングの様子を綴っていきます。

 

 

サイクリングの出発は、土曜日の午前9時ころという計画。

この日は、ゴールデンウィーク初日。高速道路の渋滞が予想されました。

住んでいる神奈川県から集合場所の長野県湯田中温泉付近までは、4時間以上はかかるはず。。

出発が朝4時半前になるのは、けっこうしんどい・・・・。

う~ん・・・

「そうだ、近くの温泉に前泊しよう!」

というわけで、出発点から渋峠を挟んで反対側の群馬県にある草津温泉の宿を探したら、軽い朝食付きで1泊6000円で宿があったので、これは泊まらない手は無いかと・・・(^_^;)

 

金曜の夜10時頃に草津温泉に到着。

まったり温泉に入り、翌日に備えました。

 

翌朝、15分ほど、草津の町を散策。

土曜の朝ということで、人はほとんどいませんでしたが、草津温泉はまだまだ元気がある温泉街だな、と感じました。

 

DSC01421

草津温泉・湯畑

 

草津温泉から出発地点の道の駅「北信州やまのうち」まで、車で移動。

実は、この道路が後で自転車で登ってくるコースになります。

車を運転しながら、感じたこと、

「厳しいコースだ。。。」

 

今回のコース、出発地の「北信州やまのうち」は 標高約570m。

最高点は、渋峠の2172m。

1500m以上も登るコース。。。

なお、このコースは国道292号線を行くことになりますが、最高点の渋峠は、全国の国道の中でも最高地点になります。

 

というわけで、ちゃんと登り切れるか、ほかのメンバーについていけるのか、という不安を抱えながら、9時22分に道の駅「北信州やまのうち」を出発!

 

DSC01436

坊平橋。この頃はまだまだ体力に余裕がありました。

 

出発して1時間半ほど経つと、次第に雪景色に。

このあたりでは、体力はかなり厳しい状態に。。他のメンバーから、遅れ始めます。。

 

DSC01440

道沿いの池。凍ってますね。。。

 

途中、通りがかった横手山スキー場。ここはGWでも営業中です。

シーズンの最後までスキー・スノボを楽しみたい人でにぎわっていました。

営業中のスキー場まで自転車で来るっていうのはとってもふしぎな感じがしました。

 

DSC01442

志賀高原横手山スキー場。絶賛営業中でした。

 

DSC01447

軽快に滑ってくるスノーボーダーを横目に見ながら、必死で自転車をこいで登っていきます。

 

何度かの休憩を挟みながら、12時半過ぎ、出発から3時間以上かけて、標高約2100mにある横手山ドライブインに到着。

めちゃくちゃしんどかったです。。。

最後は、苦しくて何度も自転車を下りてました(>_<)

何度も、途中で「引き返す」というフレーズが頭をよぎりました。

そんな苦労してたどり着いた標高2100mからの眺め、最高でした!!

 

DSC01450

横手山ドライブインからの眺め。登ってきてよかったです!!

 

ここからは、ほぼ平坦なコースを15分ほど行き、長野県と群馬県の県境にある「渋峠ホテル」に到着!!

ここで昼食。

食したハンバーグカレー、おいしかった!

やはり、空腹は最高の調味料ですね。

 

DSC01451
渋峠ホテル。建物の上を県境が通っており、喫茶は群馬県に、食堂は長野県にある。

 

満腹になった後、旅の最大の目的地「雪の大谷」を巡ったあと、爽快に山を下りますが、これは次回

 

 


より大きな地図で Shibu-toge_1 を表示

距離:25.5km

所要時間:3時間33分