読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自力旅 旅のお供はカメラとGPS

ランニング、登山、自転車、街歩きなど、「自力」で楽しむアクティブな旅。国内&海外の「自力旅」を写真とGPSで記録していきます。

“世界で最も住みやすい都市”ドイツ・ミュンスターに3か月滞在

ドイツ留学時の思い出 ドイツ ヨーロッパ

前のエントリーで書いた通り、私は2006年から2007年にかけての冬、ドイツへ3か月の短期留学へ行っていました。
この3か月の間、住んでいたのが、ドイツ北西部にあるミュンスターという街。
緑が多く、住んでいてとても快適な街だなと感じました。

このミュンスターという街ですが、2004年に『世界で最も住みやすい都市』に選ばれたそうです。
でもこのことを知ったのは、このエントリーを書いている今(^_^;)
滞在してから8年経って知りました…

そりゃ、快適だと感じたはずですよね(笑)

 

大学都市、ミュンスター

ミュンスター(Münster)はドイツ連邦共和国の都市。ノルトライン=ヴェストファーレン州に属する。三十年戦争の講和条約であるヴェストファーレン条約の締結地として知られる。人口は27万人弱。

出典:ミュンスター - Wikipedia

ヴェストファーレン地方における中心都市。街をドルトムント・エムス運河が通過する。大学都市でもあり、ミュンスター大学は約3万9千人ほどの学生数を誇る。

出典:ミュンスター - Wikipedia

ミュンスターは、人口の約15%を学生が占める街です。

また、歴史的にはヴェストファーレン条約 (ウェストファリア条約)*1が締結された場所で有名です。

 

大学の本部がお城!

ミュンスターが大学の街であることを象徴するかのように、ミュンスター大学の本部の建物がやたら豪華です。。
なんと、もともとお城として使われていた建物!

 


ミュンスター大学の本部の建物。もともとは"お城"だったそうです


大学本部の前には庭園が広がっています(^_^;)

 

ミュンスターは緑豊かな街

ミュンスターはとても緑が豊かな街でした。

冒頭にも書きましたが、2004年に世界でもっとも住みやすい街に選ばれたそうです。

ヨーロッパ気候保護都市として二度表彰され、また世界でもっとも住みやすい町賞(2004年度国連LivCom賞)を受けるなど、国内外でよく話題に上ります。

出典:- ミュンスターの歴史へショートトリップ

緑が多くて住みやすいなと感じていましたが、世界一に選ばれているとは知りませんでした(^_^;)

 

ミュンスターの街の風景

ミュンスターは、街の風景もなかなか素晴らしいです。
歴史を感じる街並みで、歩いていてテンションが上がってくる街でした。


ミュンスターの街の中心部


ここが『ヴェストファーレン条約』が締結されたという市庁舎です


ミュンスターの目抜き通り


大聖堂


ミュンスターの街の模型

ミュンスターの街の中心部は小さいです。
中心部は30分もあれば見て回れるほど。

街の大部分が、住宅地と大学と緑地です。

 

ドイツは見どころの多い国なので、観光客がミュンスターに行く機会はまず無いかなと思います。
『地球の歩き方』でもミュンスターのページはわずか1ページでした(^_^;)

A14 地球の歩き方 ドイツ 2014~2015 (ガイドブック)

A14 地球の歩き方 ドイツ 2014~2015 (ガイドブック)

  • 作者: 地球の歩き方編集室編
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2014/05/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

ヨーロッパには、特筆すべき見どころは無いけど、「なんかこの風景いいな」と思える小さな町、小さな村が多くありますよね。
ガイドブックに縛られない旅もいいなと思います。

*1:ヨーロッパにおける30年間の宗教戦争の終わりを告げた条約