読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自力旅 旅のお供はカメラとGPS

ランニング、登山、自転車、街歩きなど、「自力」で楽しむアクティブな旅。国内&海外の「自力旅」を写真とGPSで記録していきます。

ドイツ・ケルンでグラス11杯のビールがスキー板みたいなトレイで運ばれてきた

ケルンのバーで飲んだケルシュが1mほどの板で運ばれれてきました

2006年11月19日にケルンにて撮影した一枚。

グラス11杯のビールが一列に並んだ姿。
これはかなりのインパクトがあったなぁ…

 

ドイツ・ケルンのビール、ケルシュ

ケルシュ(独:Kölsch)は、ドイツのケルン地方で伝統的に醸造されているビールのスタイルの一種。アルコール度数は5%前後とされている。

(中略)

上面発酵酵母を使用しながら、下面発酵並みの低温で熟成させるので、フルーティな酸味がある。通常、シュタンゲ(独語: Stange)と呼ばれる200mlの円柱型の細長いタンブラーグラスで提供される。シュタンゲは、クランツ(独語: Kranz)と呼ばれるお盆で運ばれる。

出典:ケルシュ - Wikipedia

ドイツでお酒と言えばビールですが、各地方でビールの味や提供のされ方が違います。
ケルシュはフルーティなビール。
また、クランツというお盆で提供されるのも特徴だそうです。

クランツ(Kranz)は"花冠"という意味。
お盆が冠のような形をしているから名づけられたようです。

Reissdorf
Reissdorf | Flickr - Photo Sharing!

クランツ、どんだけグラスが入るんですか!
これで店員さんが運んできます。

 

行った店ではスキー板みたいなトレイでビールが運ばれてきた

留学先に日本人の先輩がいて、その方にケルンのバーに連れてきてもらいました。
そして、そのバーで頼んだビールは、クランツでは運ばれてきませんでした。

グラスになみなみ注がれた11杯のビール1mほどの板に運ばれてきて、テーブルの上に置かれます。
とっても印象的な光景でした(^_^;)

記憶があやふやなんですが、たしかこれはグラス11杯で1セットでした。
そして、「これを全部飲み切るのがドイツでは"漢"なんだ」と教えてもらいました(笑)
本当かどうかわかりませんが、ほんとならドイツ人のビール欲すごいよなと思いました。
グラス1杯の量もけっこう多めだし。。。

我々はそんなに飲めるわけがないので、みんなで分け合いました。
行った人数は4、5人でしたかね。。
一人当たり、2、3杯の"分担"でした。

私はお酒に弱いので、これでもかなりの量でした(^_^;)

 

もう8年前のことで、残念ながらこれがどの店だったか覚えていません。
こういう時に、GPSロガーがあれば、店を思い出せたかもしれないのに…って思います。。。 

 

ネットで調べてみたところ、Haxenhaus zum Rheingartenというレストランで、長い板に載ったビールが提供されているようです。

tripadvisorには、"スキー板トレイ"に運ばれてきたビールの写真が掲載されていますが、私の写真に写っているものとは形が違います…
でも、たしか行った店もライン川沿いの店だった気がするので、ひょっとするとこの店かもしれませんが。。

 

まとめ

ケルンにある一部の(?)バーでは、ケルンのビール"ケルシュ"が1mほどのトレイにグラスが並べられて運ばれてきます。
ビール好きの方、完飲にチャレンジしてみてはいかがですか?(笑)
飲んでいる間にぬるくなってまずくなるじゃないか!という疑問は置いておきましょう。。

ビールの文化はドイツ各地で違うので、ドイツビール巡りの旅なんて、やってみたら楽しそうですね~♪